医者

自律神経失調症の克服活動│更年期に負けない体になる

日々快適に充実した人生を

主に女性の、閉経前後の10年間を更年期と呼び、その間、女性ホルモンの低下により不快症状に苦しむことがあります。これを「更年期障害」といいます。一般に更年期は長きにわたるため、これらの症状を緩和し、充実した日々を送るためには適切な治療が不可欠です。

Read More

体調不良をなくす

更年期障害ですは、大変に辛いものです。いつ終わるか、先のみえない不安と苦しみが襲ってきます。少しでも症状を軽くして、本来の自分を取り戻す事が大事です。更年期障害の治療は、自分にあった方法を選び、明るく元気な日々を過ごしましょう。

Read More

生きがい持ち過ごすこと

更年期障害は女性であれば閉経を迎えるころに症状が出る方が多いです。一人で抱えこまず家族に支えてもらいながら食事などに気をつかうことが大切です。趣味や生きがいを楽しみながら毎日過ごすことにより症状が重くならなくてすみます。

Read More

自律神経が乱れる病気

大きな負担となる自律神経失調症は、治療院で治療をしっかりと受けることが重要です。改善効果のある生活習慣はコチラで学びましょう。

病気の原因は様々です

自律神経失調症という言葉を、恐らく誰もが見聞きしたことがあるでしょう。元々この自律神経というのは、交感神経と副交感神経という、それぞれが正反対の役割を果たす、2つの神経によってコントロールされるものです。しかしこの両者のバランスが崩れ、交感神経ばかりが働いて、体を休ませる目的の副交感神経が働かないと、自律神経失調症となります。 バランスが崩れる原因は様々ですが、生活のリズムの乱れや過度なストレス、睡眠不足や運動不足に加えて、PCを使い続けたことによる緊張や、気温の変化なども関係してくることがあります。また栄養不足や女性ホルモンのリズムが変化するのも一因となることがあります。できるだけ規則正しい食事と、十分な睡眠、そしてストレスをためない工夫を心がけたいものです。

特定の部位の症状は要注意

また自律神経失調症には、様々な症状が現れます。頭痛や耳鳴りをはじめとして、喉の異物感や動悸、そして下痢などが起こることもあります。これらの症状は、場合によっては他の病気である可能性もありますので、長期間にわたり続く場合、また、段々とその程度がひどくなるような場合は、自律神経失調症と片付けてしまわず、きちんと病院に行って、診察や検査を受けるようにしましょう。とりわけ、症状が特定の部位に強く現れた場合は要注意です。 また、女性ホルモンの変化の影響を受けるため、更年期の女性に起こりやすいという特徴もあります。この場合は、病院で個別の薬物療法、または心理療法を受けるのがお勧めです。そのうえで、適度に運動をするなどして、気持ちを前向きにするのも大切です。